MT4(EA)稼働で使いたいお名前.comのVPSでアメリカ設置を選ぶメリットは?

MT4を動かすらなら欠かせないVPSサービスですが、以前ご紹介した通り私はお名前.comさんのサービスを利用中です。

お名前.comさんのVPSサービスでは設置場所を日本かアメリカかを選択することが可能なのですが、私はアメリカ設置プランを選んでいます。

なぜ私はアメリカ設置プランを選択しているのかメリット/デメリットを確認しながらお話していきます。

---スポンサードリンク---

まず、お名前.comのVPSサービスがどのようなものか振り返っておきましょう。

お名前.comのサービスの前にそもそもVPSって?

VPSとは「Virtual Private Server」の略で、仮想環境のサーバを貸してくれるというサービスです。一つの物理サーバを仮想化という技術で疑似的に複数のサーバと見せることをしていて、疑似的に割ったサーバの一つを貸出ししてくれます。

img_VPS_etc

聞きなれない方には難しいと思いますが、マンションをイメージしてくれるとわかり易いかなと思います。

同じ建物にたくさんの人が住んでいますが、部屋はそれぞれ独立していますよね。

これと同様に、疑似的とは言えばきちんと隣の人とのプライバシー(セキュリティ)は守られているサービスです。

お名前.comのVPSの特徴は?

デファクトスタンダードといってもよいくらい、お名前.comさんのサービスには定評がありますが、私がお名前.comさんのVPSサービスを利用することにした最大の理由はFXプランが用意されているというところです。

FXプランが用意されているのはお名前.comさんと使えるネットさんの2社のみなんですね。

このFXプランですが、何が普通のプランと違うかというとMT4インストーラがついている、という点が違います。

MT4利用可能なFXの業者で口座を開設すれば無料でインストーラは手に入るので特別必要というわけではないのですが、あれば便利です。

逆にFXプランの場合、MT4インストーラ以外に何も入っていません。

実は、これが良い点だったりもするのですが、MT4でEAを動かすために必要なものはMT4とEA以外ないんです。逆に他のアプリケーションが入っているとメモリを使いすぎる原因になりかねないです。

お名前.comと使えるネットの違いは?

2社あるのに何でお名前.comを選んでいるのか気になると思いますが、簡単な比較を行ったのでご覧ください。

お名前.com 使えるネット
OS Windows Server 2012 R2 Windows Server 2008 R2
メモリ 1GB 1GB
ディスク 50GB 30GB
費用 1,781円/月 2年契約 1,791円/月 2年契約

※最安プランで比較しています。

これを見ればお名前.comを選ぶ理由が一目瞭然ですね。

お名前.comの方がスペックがよいのに、安いですからね。

ところで、なんでアメリカ設置を選んでるの?

お名前.comを選んだ理由が長くなってしまいましたが、タイトルのアメリカ設置プランを選んだ理由についてです。

まず、日本設置プランとアメリカ設置プランの料金差をご覧ください。

日本 アメリカ
料金 1,781円/月 2,089円/月

ということでアメリカ設置プランの方が高いんですね。

ではなぜわざわざ高いアメリカプランを選んでいるのでしょうか?

もちろん、それだけの価値があると考えているからアメリカ設置を選んでいます。

アメリカにVPS環境(MT4が稼働している状況)があるということは、それだけ通信に優位であるから選んでいます。

なぜこのようなことが言えるかというと、FXの取引サーバがアメリカに設置されているからですね。立地的に近い場所にある方が通信に優位というのはなんとなくイメージしやすいのではないかと思います。

私自身が測定したわけではないのですが、実際に検証した方がいらっしゃってその差は

日本:Average=307.988ms
アメリカ:Average=43.985ms

となったとのことです。※値が小さいほど早いということです。

ここで補足しておきます。業者の取引サーバがアメリカになければ意味がないとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、その通りです。ただ、私の利用しているMyFxMarketsとOandaJapanの取引サーバはアメリカ(NY)設置なのでアメリカ設置プランの方が有利に働く可能性が高いんですね。

通信速度が速いということはイコール約定力が高い、につながるので通信環境というのは重要だと考えアメリカプランを選んでいます。

まとめ

通信速度が速くなるためアメリカプランを私は選んでいますが、日本プランと比べて差が出るほどのものかどうかを言い切れることはできません。

そのため、VPSにかかるランニングコストを抑えたい方は日本プランで十分だと思います。

ただ、念のため通信起因で約定力が落ちることを避けたいという方であればアメリカプランを推奨します。ランニングコストは300円の差ですので、それほど気になる値段ではないですしね。

お名前.comさんのVPSサービスが気になった方は以下のバナーから詳細確認をお願いします。今なら無料トライアル(15日間)も実施中です。

↓↓↓↓↓↓↓こちらです。↓↓↓↓↓↓↓



2016年EA(自動売買)収益ランキング

 SCH-Trend-System
SCH2

2016年収益:430,261円(0.15lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 WhiteBearZ
img

2016年収益:146,082円(0.5lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 BandCross
Bandcrossロゴ

2016年収益:101,541円(0.3lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

口座開設で無料でもらえるEA

コメントを残す