SCH-Trend-SystemがV1.23にバージョンアップ

みなさん夏休みの方が多いかと思いますが、例にもれず私も夏休みでした。お盆ということで嫁の実家に帰省していてPCとは無縁の世界にしばらく身を置いていましたね。

まあ、メールで取引履歴等は見ていましたが・・・最近はきつすぎますね。

それはさておき2015/08/14にバージョンアップの連絡FX-ONさんより来ていました。内容を確認しておきましょう。

---スポンサードリンク---

まずはバージョンアップ通知内容についてです。

FX-ONさんのバージョンアップ通知メール

■お知らせ■ 2015/08/14

平素、弊社サイトをご利用いただき誠にありがとうございます。
5460 SCH-Trend system につきまして、
無償のバージョンアップが行われました。

変更点
________________________
SaftyMODEを追加
________________________

EAのご購入者様は大変お手数でございますがfx-onにログイン後、
マイページよりEAのファイルをダウンロードしてご確認ください。

バージョンアップ内容

FX-ONさんの通知内容は非常に簡易なものでしたが、実はカワセ係長のメルマガで詳しい内容と利用方法が開設されていました。

今回のバージョンアップ内容はSaftyModeという新しいモードが追加になっており、デフォルトではOFF設定になっています。この新しく追加されたモードがどのようなものかというと、簡単にいうとより安全なトレードを目指すというモードでエントリー回数が約1/3になるというものです。

SCH-Trend-Systemをご利用中の方ならご存知だと思いますが、SCH-Trend-Systemはかなりの頻度でエントリーを行いポジションを保有していないときの方が稀ではないかと思えるほどです。

ただ、直近の相場にはマッチしていないため連日負け取引を繰り返しているという状況・・・ここにメスを入れるべく開発者のカワセ係長さんが新しいモードを追加したんですね。

しかしながら、この新しく追加されたモードは長期的に見れば収益を下げる結果を招くと見ています。もちろんカワセ係長さんの受け売りなのですが、エントリー回数が減ればその分収益性が下がるのはなんとなく想像できますよね?

とはいえ、直近の相場はSCH-Trend-Systemにはマッチしていない状況ですので、使い方によっては有効な手段になるのではないかと考えています。具体的には、ある期間(相場がマッチしていない期間)はSaftyModeをONにして、相場がマッチしてくればSaftyModeをOFFにするということですね。

まあ、そんな相場がわかるのであれば自動売買に頼っていないよ・・・なんて声もあるかもしれませんが、公式のフォワード等で確認しながら運用していく等ことも可能かと思います。

まとめ

最近は私が導入しているEAは軒並みやられてしまっている状態なのである程度安全なモードというのはうれしい気もします。
とりあえず、直近はあまりSCH-Trend-SystemにはあっていなそうなのでSaftyModeをONにしてみようかなと思います。

ただ、どこかのタイミングでOFFにするでしょうね。

今年はやることなすこと割と裏目に出ている傾向があるので、皆さんは私を信じるか信じないかでいうとあまり信じない方がいいかもしれません(笑)

2016年EA(自動売買)収益ランキング

 SCH-Trend-System
SCH2

2016年収益:430,261円(0.15lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 WhiteBearZ
img

2016年収益:146,082円(0.5lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 BandCross
Bandcrossロゴ

2016年収益:101,541円(0.3lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

口座開設で無料でもらえるEA

コメントを残す