日本語でOK!myfx marketsの口座開設・評判

私はFXシストレ(MT4自動売買)をするなら海外口座をお勧めしたいのですが、海外口座を開くといっても、どこの口座がよいの?疑問に思う方もいると思いますので、私が利用中の口座をご紹介させていただきます。海外口座ってなんだか大変そう、英語はちょっと・・・と思う方必見です。私が利用中のMyFx Marketsは日本語でオールオッケーですので!

---スポンサードリンク---

まずいつから利用しているか、なのですがmyfx marketsを利用し始めたのは実は2014年12月からです。そう、今月からなのでまだまだ使い始めたばかりだったりします(笑)

それまでは、Pepperstoneという会社を利用していたのですが、2014年12月末で日本からの撤退が決まってしまったため、乗り換えたわけです。

なんで、myfx marketsにしたかというと、やはり調べた中での評判がよい、というのが大きかったかな、と思っています。同じようにシステムトレードを実施している人もmyfx marketsに乗り換える、という人が多かったんですね。

まずは、MyFx Marketsの良い点を見ていきましょう。

MyFx Marketsの利点

【利点① スプレッドが有利】

やはり、スプレッドは利益に直結する部分なので最重要項目です。
スプレッドとは、何ぞや?という人のために少しだけ解説ですが、スプレッドとは
FX会社の取引手数料と考えてもらえればよいです。
私がやっているようなシステムトレードは取引回数が多いため、スプレッドの差は利益に大きく影響を及ぼすのです。

以下に私が使っていたPepperstoneとの主なスプレッドの比較です。

★スプレッドの比較★

◆Pepperstone
USDJPY 1.0~1.5pips
EURUSD 0.5~1.8pips

◆Myfxmarkets
USDJPY 1.0~1.7pips
EURUSD 0.6~1.8pips

上記のようにほとんど変わりのないスプレッドになっていますね。このスプレッドなら安心して使えるかな、と考えたわけです。

【利点② 日本語サポートOK】

海外口座というとやはり英語ができないと開設できないのではないか、と不安な方も多いかと思います。
私も英語なんてできないので、日本語サポートがないところは、ちょっと難しいと考えていました。

その点、myfx marketsはサポートページ自体は原則英語ですが、日本語に切り替え可能なので特に問題ありません。
日本語に切り替えると以下のようなポータル画面となります。

【ポータル画面】
MyFXポータル

日本語の対応できるスタッフが常駐していて日本語で対応してくれます。
マニュアルも日本語のものを口座開設後に送付してもらえます。以下のような感じのものですね。

※表紙だけ日本語ってこともないので大丈夫です。
【マニュアル】
MYfx入出金マニュアル

問い合わせについては私もメールを出しましたが、翌日には丁寧な日本語で返答をいただきました。
以下のようなメールです。引っ越してから免許の更新をしていなかったため、住所が確認できる書類って何を出せばよいか?と聞いた時の返信です。

【問い合わせの返信】
MYFX問い合わせメール

ここまで良い点を述べてきましたがでは悪い点はないの?と思うかもしれませんね。

悪い点

【銀行振り込みでの入出金が海外口座】
まず、口座を開設した後にやらなければならないことは、口座への入金です。
入金方法は「クレジットカード」と「銀行送金」があります。

私は「銀行送金」で手続きをしたのですが、海外口座への振込は意外と手続きが面倒です。
振込先の口座は海外のため、本当に指定された口座であっているのか不安になりました(笑)あと、地味に手数料がかかります。。
初回の手数料は無料ですが、何度も実施するとすれば痛手となりますね。

この点も、国内銀行への送金が整備されることを期待しましょう。また、クレジットカードであればインターネットからの手続きのみなので、特に気にすることはありません。

ただ、クレジットカードの場合も、初回手数料は無料ですが、2回目からは3%とられるので注意してください。

まとめ

上記のようにメリット、デメリットを上げさせていただきましたが、私としては自分が利用していることもあり、お勧めです。お勧めの理由はやはり利点に書いた通り、スプレッドが低く日本語対応がされているというところですね。

また、口座を開設する際には必ず、前回記事でご紹介したFinalCashBack経由で申し込むことをお忘れないように!
ちりも積もれば山となるといいますが、申し込まないと損します。

申し込みは以下の記事から確認してみてください。
⇒FinalCashBackサービスの申し込み方法

2016年EA(自動売買)収益ランキング

 SCH-Trend-System
SCH2

2016年収益:430,261円(0.15lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 WhiteBearZ
img

2016年収益:146,082円(0.5lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 BandCross
Bandcrossロゴ

2016年収益:101,541円(0.3lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

口座開設で無料でもらえるEA

コメントを残す