OandaJapanのMT4口座が両建て可能になりました!

2015年5月11日よりOandaJapanさんのMT4口座が両建て可能になったようです。

国内MT4利用可能なFX業者の中ではスプレッドも非常に低く、何かと使いやすいOandaJapanさんなのでうれしいですね。

ただし、注意事項もあるみたいなので、確認しておきましょう。

---スポンサードリンク---

まずは公式通知を確認していきましょう。

公式通知

以下の通知がホームページに出ています。

拝啓 お客様各位

平素よりご高配を請け賜わり、誠に有難うございます。

この度、弊社でMT4限定で両建てのサービスを開始させていただきました。

両建ては、保有ポジションの損失拡大を限定する手法として知られますが、売値と買値の価格差(スプレッド)を二重に負担する必要があるため、経済的合理性を欠く恐れがあります。このため、弊社では両建て取引を推奨しておらず、利用規約への合意を頂いたお客様のみ両建てが可能となります。

また、現時点でプロコースおよびビックコースのみでの提供とさせていただいております。
弊社のMT4は他社と異なり、一部特殊な仕様がございます。

ご利用ご希望のお客様は詳細ページの内容を必ずご確認ください。

今回のサービス開始に至れたのも、前回アンケート実施時にお客様のご意見を頂戴できた賜物でございます。

更なるサービス改善の為、アンケートを実施させていただきます
この機会にぜひ率直なご意見をお聞かせ頂ければ幸いです。

https://jp.surveymonkey.com/s/ryoudate

今後共、OANDA Japanを何卒よろしくお願い申し上げます。

また、何気にトップ画面にも両建て可って書いてあります。

Oanda両建て

プロコースおよびビックコースのみしか対応できないのか?

公式通知の通り、プロコースとビックコースしか対応していないようです。私はベーシックコースを利用しているのですが、おそらく多くの方がベーシックコースを利用していると思います。

簡単に違いを説明していきますと

ベーシックコース

1通貨から取引可能で10万通貨を超える場合は複数回に分ける必要あり

プロコース

1通貨から取引可能で300万通貨を超える場合は複数回に分ける必要あり

ビックコース

1通貨から取引可能で1000万通貨を超える場合は複数回に分ける必要あり

というところです。取引通貨が多ければ多いほど上位のコースにしてください、という理解でOKです。

これを見るとビックコースにしておけばよいじゃないかと思おうかもしれませんが、下のコースにいけばいくほどスプレッドが不利になる仕組みになっているので、簡単に判断できないところです。

ちなみに、ベーシックからプロへの変更は管理画面から可能です。ビックコースは専属スタッフがつくらしいので、簡単にはできないようですので両建て可能にするのであれば、とりあえずプロコースですね。

アカウントの作成が必要

両建てをしたい場合は、コース変更だけではなく専用のアカウントを作る必要があるらしいです。といっても、MT4のアカウント作成はすぐにできるため、それほど大変ではなさそうですね。

どうするのがいいの?

両建て可能になったからといって無理にOandaJapanさんに持ってくる必要はあまりないかな、と思います。少なくても私は特に対応しない予定です。

ただ、国内業者ではOandaJapanさんのスプレッドや約定力は非常に魅力的です。他の国内業者を利用していてOandaJapanよりスプレッドが不利な場合は乗り換える価値ありですね。その際は、スプレッドをプロ口座のスプレッドで計算しなければならないことを注意してください。

ちなみに、OandaJapanさんの口座を持っていない方で、新規に口座を開くのであればWhiteBearZをもらえるキャンペーン付きで開くのがお得ですのでお忘れないようにしてください。

2016年EA(自動売買)収益ランキング

 SCH-Trend-System
SCH2

2016年収益:430,261円(0.15lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 WhiteBearZ
img

2016年収益:146,082円(0.5lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 BandCross
Bandcrossロゴ

2016年収益:101,541円(0.3lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

口座開設で無料でもらえるEA

コメントを残す