最強スキャルEA!?WhiteBearV3の勝率を検証!

2015年に入り絶好調のWhiteBearV3ですが、絶好調の要因はその勝率の高さがあげられます。

私が利用してからの実績をまとめてみましたので参考にしてください。バックテストやフォワードテストだけでなく、実際に利用している人の生のデータが見たいという方必見です。

---スポンサードリンク---

WhiteBearV3といえば勝率の高さが一つの売りといっても過言ではありまん。FX-ONさんのフォワードテストでも勝率は確認できますが、実際に利用している生のデータを今回はご提供いたします。

WhiteBearV3の勝率

2014年と2015年の比較

トレード数 勝ちトレード数 勝率 収益
2014年 338 275 81.4% 670,515円
2015年 103 82 79.6% 448,307円

※2015年は1月~4月のデータで集計

私の取引口座は2014年1月~11月まではPepperStone社、2014年12月以降はMyFxmarkets社です。

考察

まとめていて少し意外だったのですが、ほとんど一緒の数値なんですね。

2014年の数値を約1/3にした値が2015年の数値になっているような感じです。

トレード数はほぼ1日に一回ですが、取引を行う際にはポジションを複数持つため感覚的には週に1~2回取引があるくらい、という印象です。

また、今回着眼したい点の勝率ですが2014年も2015年も80%前後でほぼイコールです。私の感覚では2015年の方が勝率が高いのかな、と思っていたのですがまとめてみれば2015年の方が勝率が低かったです。といっても誤差のようなレベルですが。

ちなみにFX-ONさんのフォワードテストでは83.56%(2015年5月10日現在)となっています。

⇒最新のフォワードテストはこちらから確認可能です

私の環境ではFX-ONさんより少し勝率が低い結果となっています。ただし、FX-ONさんのフォワードテスト期間は私が利用開始する前から行われているので、一概に比較はできないところです。

ただ、いずれにしろ勝利は80%前後あるため、非常に高い勝率を誇るEAと言えるのではないでしょうか。

もちろん、勝率が高い分一回一回の利益が物凄く大きいわけではありませんが、私の収益実績が示すように頼もしい収支を残してくれています。

まとめ

いかがでしたか。テスト結果や公式ページでのフォワードだけでは信頼できないという方もいるかと思い、今回は私の生のデータを提供させていただきました。

今回は勝率にピックアップして情報を展開させてもらいましたが、勝率も高く負ける時も小負けが多いため非常にストレスがかからないEAです。

WhiteBearV3に興味をお持ちでしたら以下から購入可能ですのでご確認ください。

2016年EA(自動売買)収益ランキング

 SCH-Trend-System
SCH2

2016年収益:430,261円(0.15lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 WhiteBearZ
img

2016年収益:146,082円(0.5lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 BandCross
Bandcrossロゴ

2016年収益:101,541円(0.3lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

口座開設で無料でもらえるEA

コメントを残す