WhiteBearシリーズがバージョンアップ!

2015年6月4日にWhiteBearシリーズのバージョンアップ通知が来ていましたね。

私はWhiteBearを3種利用していますが、すべてバージョンアップが行われているため、共通仕様の変更でしょう。

---スポンサードリンク---

通知内容をWhiteBearV3の例で確認していきましょう。※他のEAも同様のため。

ちなみに私が利用しているWhiteBearシリーズをおさらいしておくと以下となります。

WhiteBearV3

WhiteBearZ USD/JPY

WhiteBearV1EX

※それぞれ、レビュー記事へ飛ぶことが可能です。

通知メール内容

3578 Forex White Bear V3 につきまして、

無償のバージョンアップが行われました。

変更点
______________________
1.AutoGMTに関しての注意喚起
2.コメント部分の改修
______________________

EAのご購入者様は大変お手数でございますがfx-onにログイン後、

マイページよりEAの商品ファイルと認証ファイルをダウンロードしてご確認ください。

なお、バージョンアップ後のソフトウェアのご利用につきましても、デモ口座運用検証を行い
安全を確認できた場合にのみ本口座でのご利用の開始をお願いいたします。

先日のEGOISTと同様にAutoGMT関連の注意書きとあります。

どうやらEGOISTのみではなくWhiteBearシリーズも同じような対応をしているということは、他のEAでも同じようなバージョンアップがありそうですね。

詳細確認

バージョンアップした商品を確認すると以下の記載が書いてありました。

≪注意≫ GMT オフセット値が正しく設定されているかご確認ください!
EA を設定した際に、表示されるチャート左上のコメント部分のGMT offset の部分をご確認ください。サーバー
の条件によって、GMT の取得がうまくいかず正しい値を取得できない例が報告されています。

・GMT オフセット値が間違っている場合の対処方法
もし、コメント部分のGMT オフセット値がご利用の業者指定の値と異なっている場合は、AutoGMT=false とし、
手動で設定してください。例えば、冬時間、夏時間のパラメーターは、それぞれ以下のようになります。

AutoGMTがうまく動作していない場合、手動で直すようにという文面です。

実際に私のWhiteBearV3を確認してみたところ、問題なく動いていそうでした。

GMT設定

赤枠で囲っている部分にGMT offsetがしっかり入っていますね。

おそらく、うまくいかない人は赤枠部分が空白になるのだと思われます。

まとめ

今回のバージョンアップはAutoGMT関連のみのバージョンアップのようです。

キャプチャ画像の部分をみなさんも確認しておきましょう。

GMT offsetがしっかりと入っていれば、特に焦る必要はないと思います。

2016年EA(自動売買)収益ランキング

 SCH-Trend-System
SCH2

2016年収益:430,261円(0.15lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 WhiteBearZ
img

2016年収益:146,082円(0.5lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 BandCross
Bandcrossロゴ

2016年収益:101,541円(0.3lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

口座開設で無料でもらえるEA

コメントを残す