EGOISTがV3.0にバージョンアップ!

EGOISTのバージョンアップ情報が出ていましたね。

今回の修正は個人的にはうれしいバージョンアップですね。中身を確認していきましょう。

---スポンサードリンク---

それではまずは公式通知から確認しておきましょう。

公式通知

FX-ONさんからのメールの抜粋です。

5767 EGOIST(USDJPY) につきまして、

無償のバージョンアップが行われました。

変更点
______________________
1.サマータイム関連処理の変更
2.パラメーター項目・値の変更
3.複利処理の変更

※詳細は添付のマニュアル(EA 取扱説明書.pdf)をご覧ください
______________________

これだけではよくわからないので詳細をマニュアルから確認しましょう。

変更点詳細

・通常期間(米国冬時間の期間)は3:30-8:30のエントリー
米国夏時間の期間は2:30-7:30のエントリーへと変更(設定変更可能)
※バックテストも同様に動作します
・ AutoGMTOffsetの名称をAutoJSTへと変更
取得する協定世界時を基に日本時間を算出しており、trueの場合は
GMTOffsetを使用しなくなったため、適切な名称へと変更
・ TradeStart_JSTの名称をTradeStartDay_JSTへと変更
・ TradeEnd_JSTの名称をTradeEndDay_JSTへと変更
・ SummerGMTOffsetの設定追加
AutoJSTがfalseの場合に機能します
米国夏時間の期間はこちらのGMTOffsetを参照するように切替ります
※GMT変更無しの業者は通常のGMTOffsetと同じ値にしてください
・ ALLTrailON_Pips
前回バージョンアップの際に追加した、全ポジションのトータル損益
が一定値まで到達すると全ポジションでトレーリングストップが発動
する機能の規定Pipsを設定可能に

・ MondayTradeをTradeStartWeek_JSTへ変更
月曜日(日本時間)の何時からトレードを開始するのか設定可能に
・ SaturdayTradeをTradeEndWeek_JSTへ変更
土曜日(日本時間)の何時にトレードを終了するのか設定可能に
また、指定時刻でポジションをクローズします
・ ST_TradeStartDay_JST、ST_TradeEndDay_JST、
ST_TradeStartWeek_JST、ST_TradeEndWeek_JSTの追加
通常期間(米国冬時間)で設定するパラメータの米国夏時間用になり
ます、米国夏時間の期間はこちらのパラメータを参照するように切替
ります
・ TimeCloseのON、OFF設定の廃止
デフォルト設定とするため廃止とします
・ RSI_PlusのON、OFF設定の廃止
デフォルト設定とするため廃止とします
・ MM = true の複数エントリーによるLotのバラつきを修正

かなりのボリュームでした。

すべてを解説していくのは少しナンセンスですが、要約してしまうとGMTに関する点を修正しています。特にユーザは対応なしです。というのが上の方ですね。
下の方は注目点として以下で解説していきます。

 取引時間の設定が可能に!
何より注目したいのが

 MondayTradeをTradeStartWeek_JSTへ変更
 SaturdayTradeをTradeEndWeek_JSTへ変更

です。

どういうことかというと、週初めの取引開始時間を設定できるようになったのと週終わりのポジションをクローズできるようになったんですね。

これって明らかにギリシャ問題の窓開けで出した損失対策ですね。

6/27(土)に起きたギリシャ問題の時EGOISTは1ポジションだけクローズせずに保有していました。これが見事に週明けの窓上げ相場の被害にあってしまいストップロスを大きく超える損失を出してしまったんですね。

そのため、少なくても「SaturdayTradeをTradeEndWeek_JSTへ変更」は設定しておきたいところです。

 複利機能のロット数が調整された!
これは私のブログの中でも一度取り上げたのですが、EGOISTは複利機能で取引を行うと多数ポジションを持つ場合に、後のポジションほどロット数が低くなる現象が起きていました。

そのため、本来EAが意図するロジックの通りの取引をしてくれないという事態に陥っていたんですね。

詳しくは記事にしているので確認してみてください。
⇒EGOISTの複利運用時のロット数についてはこちら!

製作者さんはどこかで本ブログを読んでくれたんでしょうか。
そうであればうれしい限りですが自意識過剰でしょうかね(笑)

まとめ

今回のバージョンアップはユーザにはうれしいアップデートになっているのではないかと思います。

何よりギリシャ問題に対する対応を素早く実施してくれたな、という印象です。

このような迅速な対応を行ってくれる製作者様ですとEAも安心して使えますよね。もしまだEGOISTをお持ちでなく気になるという方がいらっしゃいましたらレビュー記事も書いていますので参考にしてみてください。

⇒EGOISTのレビュー記事はこちら!

2016年EA(自動売買)収益ランキング

 SCH-Trend-System
SCH2

2016年収益:430,261円(0.15lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 WhiteBearZ
img

2016年収益:146,082円(0.5lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 BandCross
Bandcrossロゴ

2016年収益:101,541円(0.3lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

口座開設で無料でもらえるEA

コメントを残す