EGOIST(USDJPY) がV2.7にバージョンアップ!

2015年6月3日にお知らせが来ていましたね。

どのようなバージョンアップが行われているのか確認していきましょう。

---スポンサードリンク---

まずは、お知らせメールを確認しておきましょう。

FX-ONさんのお知らせメール

平素、弊社サイトをご利用いただき誠にありがとうございます。

5767 EGOIST(USDJPY) につきまして、

無償のバージョンアップが行われました。

変更点
______________________
1.AutoGMTOffset:trueの場合の時間制御ロジックから
GMTOffset(GMT時間とサーバー時間の差)の概念を削除
2.成り行きクローズの条件を若干変更
______________________

EAのご購入者様は大変お手数でございますがfx-onにログイン後、

マイページよりEAの商品ファイルと認証ファイルをダウンロードしてご確認ください。

なお、バージョンアップ後のソフトウェアのご利用につきましても、デモ口座運用検証を行い
安全を確認できた場合にのみ本口座でのご利用の開始をお願いいたします。

これを見る限りは大きなロジック変更などはなく、急いでバージョンアップしなくてもよさそうですね。

念のため、詳細を確認しておきましょう。

バージョンアップ詳細

商品マニュアルに詳細が記載されているので以下に展開しておきます。

・AutoGMTOffset:trueの場合の時間制御ロジックから
GMTOffset(GMT時間とサーバー時間の差)の概念を削除
→変更前:GMT時間(Hour)とPC時間(Hour)の差でGMTOffset値
を出し、業者時間を基本とした時間制御ロジックとしていた
→変更後:GMT時間から+9時間を加え、日本時間を基本とした時間制
御ロジックへ変更、また処理はロジックが動く度に実施

これまで問題となっていたGMTOffset値が無くなったため、PC時間の
参照が無くなり、参照時間はGMT時間のみとなります。

GMTOffset値を自動で出す意味合いの「AutoGMTOffset」項目ですが
GMTOffset値すら出さなくなったので、名称が相応しくありません、
項目名称関係をどうするかは今後考えるとします
※バックテスト時はこれまで同様のロジックとなっているため
AutoGMTOffset:false 、かつGMTOffsetを手動入力してください

・成り行きクローズの条件を若干変更
→変更前:形成されるバー状況の判定にバーの高値安値を参照
→変更後:バーの終値のみの参照条件へと変更
EGOISTの成り行きクローズは判定条件にバーの高値安値を参照するよ
うにしていましたが、今後はバーの終値のみ参照するように変更しま
す。業者間の違いを少しでも軽減したいということでの修正となりま
すが、これはあくまでも「以前よりは同条件になりやすい」というも
のであり、Aの業者で成り行きクローズされたから、Bの業者でも成り
行きクローズされるという保証はありません。
・トレーリングストップの発動条件を若干変更
→変更前:個々のポジションの利益が一定値まで到達することでト
レーリングストップが発動
→変更後:上記に加え、全ポジションのトータル損益が一定値まで到
達すると全ポジションでトレーリングストップが発動
・EAのコメントを各自で編集可能に変更
デフォルト:EGOIST(USDJPY)

まず、1点目のGMT関連ですがこれは特に何も考える必要はないですね。

とりあえず、バージョンアップして放置で問題ないでしょう。

また、特に焦ってバージョンアップしなくても、今の設定が問題になるようなことはなさそうですね。

2点目の成り行きクローズは、業者間の差を少しでも軽減しようとロジック変更を行ったようです。

業者間の差というのは、どのEAでも出てくるので致し方なし、と割り切ってEA運用を行うしかない部分ですが、最善を尽くしてくれているようですね。

フォワードテストとの差が気になる、という方は早めにバージョンアップしておいてもいいかもしれません。

ただ、それほど劇的に変わるような点ではないと思うので、しばらくステイでもよいかな、と思います。

3点目のトレーディングストップ条件ですが、勉強不足で申し訳ないですが私は知らない言葉でした・・・。

調べてみたところ、相場の動きに合わせてストップロス値を最適化する、という注文のようです。

ポジションが含み益を持った時に、ストップ注文を出しなおす(最初のストップロスよりもリスク低めの値に修正する)イメージみたいですね。

つまり、今回のバージョンアップでは取引のリスクをより低減したものとなっている、と理解できます。

まとめ

いかがでしたか?

少し簡単ですが、私の感想は急いでバージョンアップするようなこともない、と考えています。

そのため、取引のない土日にVPSのメンテナンスとともに実施しようと思います。

みなさんも、余裕がある人は早めに、ちょっと時間がとれなそうな人は土日でも問題ないと思います。

2016年EA(自動売買)収益ランキング

 SCH-Trend-System
SCH2

2016年収益:430,261円(0.15lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 WhiteBearZ
img

2016年収益:146,082円(0.5lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 BandCross
Bandcrossロゴ

2016年収益:101,541円(0.3lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

口座開設で無料でもらえるEA

コメントを残す