2015年4月版!EAが不調な時にとる対策!!

昨日の収支公開の通り、3月末からの不調は現在進行形で続いています。こんな時、どのような対策をとるべきなのか考えてみました。

対策をとるといっても、中々難しい部分なので私の考えを参考に皆さんも考えてみてもらえればと思います。

---スポンサードリンク---

まず、不調なEAがどのようなものかおさらいです。

現在不調なEA

私が利用しているEAは7つありますが、その中でも特に不調なEAは以下となります。

・BandCross3
・Forex Solid
・SCH-Trend system

これらの共通点は、スイングトレードタイプであるというところです。BandCross3は勝率の高さからスキャルピングのようなイメージもあるかもしれませんが、ポジション保有も長いときは3日程度するので、スイングタイプだと思っています。また、Froex Solidはスキャルロジックとの複合型ですが、スイングトレードも含んでいるので、上記の区分けにしてみました。

とるべき対策は?

スイング型はトレンドの波に乗れば大きな利益を生みますが、乗れないときは損切りを連発します。これはスイング型の宿命なので、必ずしも悪いことととらえるわけではないです。ただ、取引はEAがしてくれるものの、結果を見るのは人間であり、負けっぱなしでは苦しい思いをしてしまうのも事実です。

このような状況を回避するには、やはりスキャルピングのような高勝率のEA比率を上げるしかないのかな、と思います。

私が実施する対策

スイング型の比率を下げる、っていうのを対策として書きましたが、スイング型が悪いといっているわけではありません。

また、この負けている状況に対して、実はそれほど危機感を覚えていないです。

理由としては、やはりトレンドの波に乗れないのは仕方ない部分があり、一時の成績で判断できないと思うからです。一時の成績に着目して一喜一憂していてはFXで勝ち続けるのは難しいかな、と。だからと言って何も手を加えない、というのも苦しいので以下の対応にしようかな、と思っています。

①スキャルピングの取引金額を上げる
→WhiteBearZの取引ロット数を上げることにしました。V3が好調ですので信じてみようかと。

②新EAを導入
→一時的な成績を見て、というよりもリスク分散はしたいな、と思っていたので導入しようと思います。実は今年導入したEAはすべてマイナス収支な状況で、ためらう部分もあるのですが、この機会に導入したいと思います。

ちなみに、導入しようと思っているのはEGOISTというEAです。近々、レビュー記事をアップしようと思いますが、気になる方は以下から詳細を確認してみてください。

トレンド追従型のシンプルなEAです
EGOIST (USDJPY)
EGOIST (USDJPY) | fx-on.com

2016年EA(自動売買)収益ランキング

 SCH-Trend-System
SCH2

2016年収益:430,261円(0.15lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 WhiteBearZ
img

2016年収益:146,082円(0.5lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

 

 BandCross
Bandcrossロゴ

2016年収益:101,541円(0.3lot)

レビューはこちらから
詳細はこちら

口座開設で無料でもらえるEA

コメントを残す